top of page

未経験から農家になるには

更新日:2022年4月26日

農業を始めようとおもったキッカケ】


農業を始める動機は人それぞれだと思いますが、よくあるキッカケと

しては、以下のような理由が多い傾向にある様です。


・都会の慌ただしい生活に疲れた

・田舎暮らしに憧れを持っている

・日本の野菜は農薬まみれで危険と感じたため、自分で無農薬の野菜を作ろうと思った

・未来の子供たちのために日本の農業、野菜を守りたい



【未経験で農家になるには?】


未経験から農業を始める・農家になるにはどうすればいいのか?

おそらく初めての人からすれば何から始めればいいのか分からず、行動まで

移すのが難しいと感じることが多いかと思います。


・農家になる方法はどうすればいいのか?

・農地を借りるための条件って何だろう?

・資格は必要?どうやって取得したらいいの?


■未経験で農家になるには農業資格は必要ない!条件を満たせば農地も取得できる!

 ただし・・・


農家になるには、資格は必要ありません。


ただし、有機野菜・無農薬などと明記するには有機JAS認定が必要だったり、販路を作るために土地の組合に入ったりは必要。


扱う農作物によっては、農業機器を運転するために特殊車両の免許が必要だったりします。


また、元サラリーマンであっても農地を取得できます。

ただし、農業者として認められるためには、農地法第3条の許可が必要です。


共通する農地取得のための条件は以下。


①農地全てについて耕作の事業をすること。

②農地で農業経営に必要な農作物を常時従事すること。

③取得後の農地が市町の定める面積(原則50アール、北海道は2ヘクタール)以上である

 こと。

④経営状況や住居からの距離等を考慮し、効率的に農地を利用できると認められること。


その他、地域ごとに定められた条件がある場合もあります。


農地だけでなく、農業技術の習得などの問題もあるので、市町村の農業委員会に相談するようにしましょう。


脱サラして農家になるのは簡単でも、農家であり続けることが難しい業界です。


家庭菜園レベルではなく、経営者として商売の意識を持つことが求められます。

農作物を作ったら終わり!・・・ではないので、そこは注意しておきましょう。


未経験から農家になるには?ゼロから始める農業4選



ひとくちに「未経験から農家になる」といっても始め方はさまざま。

ゼロから始める農業転職には、以下の4つの方法があります。


①誰の力も借りずに一人で(または自分の家族だけで)始める

②Uターンなど、知り合いのつてを利用する

③行政機関の補助や技術支援センターを利用する

④農業系企業に就職する


農業の始め方:①完全に一人で始める


難易度:★★★★★

超難しい!

未経験からはかなり厳しいからおすすめしない。


メリット


・誰の指示を受けることもなく、自由に農業ができる


デメリット


・何の支援もない


見ての通り、上級者向けの始め方です。


会社の歯車としてはたらくことに嫌気がさした、上司の言いなりになる人生はまっぴらごめんだ、という気持ちで脱サラを考えているのであれば、一度自由になるのもよいかもしれません。

中には林を伐採して農地をつくるところから始めた、なんていう猛者もいますので、開拓精神のある方や土地を所有されている方であれば、この方法がオススメといえます。


農業の始めた方:②Uターンなど、知り合いのつてを利用する


難易度:★★☆☆☆

簡単!

人間関係さえ問題なければ安定する。



メリット


・農地を譲り受けたり、人脈を活用できるなど、知り合いだからこその特典がある。

・安定して農業を始められる。


デメリット


・協力者と意見がぶつかる可能性がある。



実家が農家だったり、知り合いがいたりする人にしか使えない特別な方法ですが、この方法で農業を始めている人もいます。

途中で仲たがいをしてしまわない限り、一番安定している方法といえます。


今現在知り合いの中に農家さんがいなくても、意外に、知り合いの家族が農家、知り合いの親戚が農家、ということもあり得ます。


実際にその人に弟子入りさせていただくかどうかは別として、農業を始める上で人脈はあるに越したことはありません。

農家の知り合いを増やす努力をすることをオススメします。


農業の始め方:③行政機関の補助や農業技術指導施設を利用する


難易度:★★★☆☆

普通!

どんな農業をしたいか理想があれば、制度をうまく活用すべし!


メリット


・補助金を利用して初期費用を抑えられる。

・技術指導など保証が厚い。


デメリット


・行政機関